TOP > 取り扱い商品 > 織額

織額(おりがく) FLAMED FABRIC

著名な絵画や、飛鳥・天平をはじめ、長い歴史の中で花ひらいた文化のかたちを、伝統の西陣織りに生かし、芸術の香り高い織物額にしました。
繊細で微妙な味わいを、絹であでやかな光沢と、細やかな織りで表現し、深みのある豪華な美術工芸品に仕上げております。
日本人の繊細な美的感覚が生み出したこの優雅な世界は、いつまでもゆたかなうるおいをお部屋にただよわせることでしょう。

織額

文化勲章受賞 上村 松篁 画伯

1984年(昭和59年)に文化勲章を受賞されるなど、現代における花鳥画の代表的名匠で、そしてまた美しいだけの花鳥画の域を超越し、自由に古典美の妙趣に迫る花鳥を題材とした「精神の風景画家」とも言われています。
深い自然観を通わせながら、そこに爽やかな近代の心を実現し、気品高い格調に満ちた作品は、世界においても高く評価されています。

この織物額は、伝統の西陣織を生かし、先生の御監修のもと、丹精込めて織り上げた作品です。

鴛鴦(春)
えんおう

"Eno"(Mandarin Ducks)

DAG-101

●絹100%●木製額縁●ガラス入●見切り405×270mm●額外寸法610×475mm

価格:130,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

この「鴛鴦」は、日本画壇の重鎮であり、また昭和59年には文化勲章を授章された上村松篁画伯の作品です。 「鴛鴦」は、昔より夫婦相愛を誉め讃え、「夫婦愛」と「和」を象徴致しています。この作品に見られる愛睦まじい鴛鴦の姿に、先生の鳥達によせる暖かい真心と、お人柄がしのばれます。 その雰囲気を大切にし、水面の微妙なうつろいの変化や、鳥達をつつむ自然の息使いを感じながら、多色の絹糸使いや織り方の工夫によって、十二分に吟味し、織り上げたものです。

鴛鴦(春)

DAG-101(写真はクリックで拡大します)

樹下幽禽(初夏)
じゅかゆうきん

"Juka Yukin"

DAG-102

●絹100%●木製額縁●ガラス入●見切り405×270mm●額外寸法610×475mm

価格:130,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

この「樹下幽禽」は、日本画壇の重鎮であり、また昭和59年には文化勲章を授章された上村松篁画伯の作品です。 画伯は、バンコクの動物園で初めて見た縞白?の美しさに魅了され、三日間つづけてスケッチをされたそうです。 この原画は、その当時の印象を大切にしながら、熱帯の奥深い林の中を想像して描かれました。 鳥の精悍な姿と緑の林の微妙な色彩を、多色の緯糸使いによって表現し、絹糸特有の光沢と温もりを生かし、丹精を込めて織り上げたものです。

樹下幽禽(初夏)

DAG-102(写真はクリックで拡大します)

秋野(秋)
あきの

"Akino"

DAG-103

●絹100%●木製額縁●ガラス入●見切り405×270mm●額外寸法610×475mm

価格:130,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

この「秋野」は、日本画壇の重鎮であり、また昭和59年には文化勲章を授章された上村松篁画伯の作品です。
秋の色づきを見せる「ナラ」の木々に、「ヒガラ」の鳥達の戯れる情景は、見るものに目と耳を楽しませてくれます。そして、ひとときの自然の触れ合いは、心を和ませると同時に新たなる活力を抱かせてくれます。その作品の味わいを大切にしながら、多色の緯糸使いによって繊細な色合いを表現し、微妙な雰囲気を醸し出しております。絹の持つ暖かみと相まって、優しさを込めて織り上げたものです。

秋野(秋)

DAG-103(写真はクリックで拡大します)

晨(冬)
しん

"Shin"

DAG-104

●絹100%●木製額縁●ガラス入●見切り405×270mm●額外寸法610×475mm

価格:130,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

この「晨」は、日本画壇の重鎮であり、また昭和59年には文化勲章を授章された上村松篁画伯の作品です。 「晨」とは「あした」または「夜明け」の意味で、この作品は一夜のうちに降り積もった雪に、静寂な響きと時の移ろいを感じさせ、そして梅花のほのかな香りを漂わせています。
鷽の動と静との妙技のバランスを大切にしながら、多色の緯糸使いによって繊細な色合いを表し、特にやわらかい雪の立体感を強調するのに、糸の撚り、糸の太さに工夫をこらしました。

晨(冬)

DAG-104(写真はクリックで拡大します)


上村 松篁 画伯

上村 松篁(うえむら しょうこう) プロフィール

明治35年(1902) 京都市に生る。母は松園。大正13年京都市立絵画専門学校卒業。西山翠嶂に師事。帝展、新文展で活躍するが、昭和23年山本丘人らと創造美術協会を結成、以後新制作協会日本画部、創画会の中核にあって現代花鳥画家の最高峰となる。33年「星五位」芸術選奨文部大臣賞、41年「樹下幽禽」日本芸術院賞。56年日本芸術院会員、58年文化功労者、59年文化勲章授章。平成13年(2001)死去。代表作は他に「燦雨」「丹頂」など。

その他

新百寿文錦
しんひゃくじゅもんにしき

“Nishiki,with new Hyakuju (Hundred Ju) Patterns”

DAG-105

●絹100%(金糸使用)●アルミ(ステンレス色)額縁●ガラス入●見切り295×450mm●額外寸法480×640mm

価格:80,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

DAG-106

●絹100%(金糸使用)●アルミ(ステンレス色)額縁●ガラス入●見切り200×220mm●額外寸法390×405mm

価格:50,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

「寿」字は、長く生きるという意と、祝うという意味を兼ね、吉祥の象徴として用いられています。寿の字を巧く百種百様に書き分け、一つの図としたのが百寿字図です。 古く中国で考案されたもので、六朝時代の『古今五十四種書体様等』という書があり、その構想の萌芽が見られるところからも、源流のかなり古いことが知られています。 我が国でも古くから慶事に百寿字図を用いられて来ました。おめでたいとき、長寿を祝うときにこの意匠が特に重用せられます。

Brocade with a pattern of one hundred letters of "Ju"(meaning longevity and felicitations) The letter "Ju" has two meanings: longevity and felicitations, and is used as a symbol of happy-omen. It is a Hyaku-Ju-Ji (hundred-Ju-letter) drawing in which the letter "Ju" is dexterously written in one hundred different kinds and ways and integrated into one pattern.
This pattern was devised in ancient China, and there is a book called "Ancient and Modern 54 Kinds of Calligraphic Styles, Etc." in the Six Dynasties Period, in which the germination of this conception can be observed, suggesting that its root is comparatively old. In Japan, too, the hundred-Ju-letter drawing has been popularly used for happy events from old times. When people congratulate on their joyous occasions and longevity, this pattern is particularly given an important position.

織額イメージ 新百寿文錦

DAG-105(写真はクリックで拡大します)

新百寿文錦

DAG-106(写真はクリックで拡大します)

天平鴛鴦唐草文錦
てんぴょうえんおうからくさもんにしき

"Nishiki in the Tenpyo Period,with Tendril Roundels Enclosing Mandarin Ducks"

DAG-107

●絹100%(金糸使用)●アルミ(ステンレス色)額縁●ガラス入●見切り200×220mm●額外寸法390×405mm

価格:50,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

「鴛鴦唐草文は、中国・六朝時代の意匠にしばしば見られるもので、鴛鴦は昔より夫婦相愛と和合を象徴しております。 我が国では、正倉院宝物の中に多種多様な形で鴛鴦文が見られ、中でもこの錦に見る鴛鴦は華麗でしかも格調の高さが注目されるものです。

The pattern showing tendril roundels enclosing mandarin ducks often appears in cloths produced in China during the "Six Dynasty" era. Since ancient times, mandarin ducks have been the symbol of love and harmony between husband and wife.
The mandarin duck pattern is used in various forms for treasures housed in the Shoso-in Repository in Japan. Among these treasures, this nishiki is noteworthy due to the gorgeousness and nobleness of its pattern.

鴛鴦(春)

DAG-107(写真はクリックで拡大します)

四天王狩猟文錦
してんのうしゅりょうもんにしき
"Nishiki,with Patterns of Four Kings Hunting Lions"

DAG-108

●絹100%(金糸使用)●アルミ(ステンレス色)額縁●ガラス入●見切り200×220mm●額外寸法390×405mm

価格:50,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

四天王狩猟文錦は、正倉院に伝わる数種の狩猟文と同様、ササン朝ペルシャの意匠をもとに中国で織りなされたもので、聖徳太子由縁の品として法隆寺の秘庫に伝えられたものです。
古代ペルシャの王が力の象徴である獅子を狩る姿を四つ表しており、東方文化と西域文化との交流をしめす証として、貴重な資料です。中でもこの錦は文様の規模が大きくしかも丹念な色使いがなされ、世界的な名品と言われております。

It is also known by another name "Shiki-Shuryo Enmonnishiki"(Brocade of hunting four horsemen), being introduced into Japan in Tenpyo Era, and it was found in YUMEDONO of HORYUJI TEMPLE of Nara during the period of Meiji.
The horseman pattern in the round figure is weaving of Persian pattern of SASAN Dynasty made in China, same as several other hunting patterns preserved in SHOSOIN TEMPLE, being very precious material as a proof of cultural exchange between Orient and Occident in cultural history. Among all, this particular brocade is said to be an internationally fine article.

鴛鴦(春)

DAG-108(写真はクリックで拡大します)

稲穂
いなほ

"Inaho"

DAG-109

●絹100%(金糸使用)●木製額縁●ガラス入●見切り380×390mm●額外寸法3570×570mm

価格:80,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

「実るほど頭を垂るる稲穂かな」と言う句がある。力量ある物は広大な世界を知り、とても高慢にはなれない、しかも謙虚である、という人生の道理をたくす。黄金波うつ稲穂は、豊かな稔りの秋を象徴し、そこに心のやすらぎを見ることができる。農耕民族である日本人にとって忘れることのできない生命のふるさとでもある。
この「稲穂の図」は、日本画家の最高峰に君臨した、竹内栖凰の「稲穂」もモチーフとして、真紅の太陽の光に輝く「稲穂」を、吉兆をこめて織りあげたものであります。

There is a verse that goes, “As it grows, an ear of rice shows itself.” It speaks of the reasoning of life in how the competent at heart do not become haughty yet humble as they come to know this vast world. The golden ears symbolize a plentiful autumn and placate the mind. For the Japanese who originate as a farming people, rice is the unforgettable essence of their culture.
This graphic of rice ears takes as a motif the painting “Inaho” (literally “rice ears”) by Seihou Takeuchi, who achieved the pinnacle of acclaim as a Japanese-style painter. Glowing in the bright red sunlight, these rice ears are a sign of good fortune.

稲穂

DAG-109(写真はクリックで拡大します)

ゴッホ“ひまわり”
Gogh's "Sun Flower"

DAG-110

●絹100%●木製額縁●ガラス入●見切り250×340mm●額外寸法415×505mm

価格:120,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

ビンセント・ファン・ゴッホ(1853年~1890年)オランダ生れ。ゴーギャンと共に並ぶ印象派最大の巨匠としてあまりにも有名です。「アルルのはね橋」「糸形」「自画像」等その強烈で短い生涯の間に数多の名作を残しています。
ゴッホのアルル時代に描かれたこの「ひまわり」は太陽への賛歌、ゴッホの情熱の内面が表象され、結果として「ひまわり」は炎の人ゴッホの代名詞と呼ばれています。
当社では「」と称される精緻な帯の織技術で、燃え上るようなゴッホの筆のタッチとその豊かで強烈な色彩を表現して見ました。

Vincent van Gogh (1853-1890) was born in Holland. He is one of the most renowned masters of impressionism alongside Paul Gauguin. From his short fiery life, he left numerous works such as his “Bridge at Arles”, “Cypresses” and “Self-Portrait”.
Painted during his time in Arles, van Gogh’s “Sunflowers” is a paean to the sun and a symbol of his inner emotions. As a result, “Sunflowers” are now synonymous with this passionate artist.
We have recreated van Gogh’s fierce brushstrokes and rich intense colors using a belt weaving technique known as “Syouhaori”.

ゴッホ“ひまわり”

DAG-110(写真はクリックで拡大します)