TOP > 取り扱い商品 > 帛紗・台付帛紗

帛紗・台付帛紗 WRAPPER

江戸時代初期、寿福の儀式の贈答の品物は、和紙で包み、水引をかけ、献上台にのせて差し出すということがおこなわれていました。

贈物にホコリがかからないようにするという配慮と、荘厳さを加える意味から、これらの贈答品には帛紗がかけられました。元禄の頃には、当時最高の裂地を帛紗とする様になり、今日でもこの慣習は広く受け継がれています。結納のときや、結婚祝、内祝、出産祝、新築祝などあらゆる慶事あるいは仏事に使われ、こよなく丁寧な、そして美を感じ心にみちた贈答形式として、ご利用いただいております。

帛紗

帛紗

天平鴛鴦唐草文錦
てんぴょうえんおうからくさもんにしき

"Nishiki in the Tenpyo Period,with Tendril Roundels Enclosing Mandarin Ducks"

DAI-107

●絹100%(金糸使用)●桐箱入●約200×220mm

価格:8,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

天平鴛鴦唐草文錦

DAI-107(写真はクリックで拡大します)


新百寿文錦
しんひゃくじゅもんにしき

“Nishiki,with new Hyakuju (Hundred Ju) Patterns”

DAI-106

●絹100%(金糸使用)●桐箱入●約200×220mm

価格:8,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

新百寿文錦

DAI-106(写真はクリックで拡大します)


四天王狩猟文錦
してんのうしゅりょうもんにしき
"Nishiki,with Patterns of Four Kings Hunting Lions"

DAI-108

●絹100%(金糸使用)●桐箱入●約200×220mm

価格:8,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

四天王狩猟文錦

DAI-108(写真はクリックで拡大します)


台付帛紗

帛紗と切手盆を組み合わせた簡略ですが便利な帛紗です。

慶弔とも使えます。慶事の時は板の赤を表に、 弔事の時はグレーを表に使い分けます。 包み方は慶事の時は右包み、弔事の時は左包みに。

台付帛紗

江戸和久田金襴
えどわくたきんらん

"Edo-Wakuta Kinran"

DAJ-144

●表地:絹100%●桐箱入●約380×380mm

価格:10,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

江戸和久田金襴

DAJ-144(写真はクリックで拡大します)


天平装鏡宝相華文錦
てんぴょうそうきょうほうそうげもんにしき

"Nishiki with Hosoge Flower Patterns Derived from a Mirror of the Tenpyo Period"

DAJ-128

●表地:絹100%●桐箱入●約380×380mm

価格:10,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

天平装鏡宝相華文錦

DAJ-128(写真はクリックで拡大します)


石畳緞子
いしだたみどんす

"Ishidatami(Tartan Check)Damask"

DAJ-148

●表地:絹100%●桐箱入●約380×380mm

価格:10,000円 ※表示価格は消費税を含みません。

石畳緞子

DAJ-148(写真はクリックで拡大します)